スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RSの向こう側…season2 後編

こんにちはー!
梟の梅zou!です!
さて、ついにクライマックスを迎えた「RSのの向こう側…season2」後編のスタートです!

前編、中編お読みでない方は、先にそちらをお読み頂ければ幸いです!

ちなみに何度も言いますが変態一門梟の一変態、梅zou!の妄想ストーリーですのであしからず…




「俺、薮田さんと出会えたことが運命だと思います!」

「えっ?本土さん?運命って…」

「俺、本気なんです!」

「いや、本気って言われてもまだ会って10分も経ってないですし…」

「運命感じるのに時間なんて関係ないです!ビビビッときたんです!」

「お気持ちは嬉しいけど…でも…」

「俺を信じて下さい!絶対に前の彼氏みたいなことはしませんからっ!」

「本土さん、本当に良い人だとは思います、でも、借金の取り立てが出会いなんて…」

「出会いなんて星の数ほどあります!俺、初対面からこんな気持ちになったの初めてです!」

「えっ…、本土さん…信じていいの…?❤️」

「はい!」

ガバッ(抱きつく❤️)

「薮田さん!!」

「本土さん…❤️」

そして、2人は寝室へ…







5分後…

「薮田さん、俺…なんかすみません!運命感じて舞い上がってかも知れないけど、これからも薮田さんのこと本当に守っていくんで!!」

「本当に…?」

「はい!本当です!」

「本土さん…嬉しい…❤️」

「何があっても必ず守るんで、信じて下さいね!」







「そっか…じゃあ、200万ちょうだい。」

「えっ?…ん?」

「そう、円ね」

「えっ?薮田さん?」

「えっ?って?知ってるでしょ?私が借金あるの…」

「え、えぇ…でも…愛とお金は別じゃ…」

「えぇ、別ですよ。別だから200万円ちょうだいって言ってるの」

「な、なんで?急にどうしたんですか?」

「なんでって言われても。そもそも急なのはあなただってそうじゃない。運命だとかわけわかんないこと言って抱きついて来るは、寝室に押し倒して来るはで」

「えっ…」

「急に押し倒して来るもんだから、怖くなって抵抗できなかったの…ほら、借金の取り立てに来る人って怖い人のイメージだし。強姦の慰謝料としての請求よ!」

「えっ?慰謝料って合意の上じゃ…」

「はっ?私がいつ合意したのよ!そもそも相場からしたら300万円請求してもいいところを200万円でいいって言ってあげてるのよ?それとも法廷にでる?取り立て先から取り立ても出来ず犯しましたって会社にバレたら首になるんじゃないの?」

「え、えっ…?」

「あぁ、安心して200万円に口止め料も含んであるから。お支払いさえして頂ければ絶対に口外しないわ…
信じて…優しい、ゆ、う、と、さん❤️」

「そ、そんな…非道いじゃないですかっ!?」

「非道い?それはあなたのことじゃない?なんせ借金の取り立てに来て、強姦しちゃうんだから?ほんとは300万円請求してもいいんだけど、5分だったし、100万円はサービスしてあげるわ。」

「そんなん払えるわけないじゃないですか!?」

「あ、そう…じゃあ、会社に連絡させて頂いて、告訴の手続き進めさせて頂きますね。」

「いや、ちょっ、それはちょっと待って下さい!」

「優柔不断ねぇ、払うの払わないのどっちなの?どっちにしろ払わないとダメになるんだから、社会的地位を守れる200万円で示談した方がいいと思うけど?」

「わ、わかりました…は、払います…」

「そう、良かった。あなたもさっき優しさ見せてくれたから来月中でいいわ。あ、私の支払い分の50万円はそこから引いておいて結構よ。来月に150万円のお支払い、よろしくね」

「そ、そんなぁ…」

「はい!じゃあ話しはついたわね!もしお支払い出来ないようだったら覚悟しておいてね。じゃあ、私忙しいから帰って頂けるかしら?」

「…」

「あ、あとお礼言うの忘れてたわ、最初入ってきた時、手短にお願いしますって私が言ったけど、本当に手短に済ませてくれてありがとう。ま、少し物足りなかったけどね。」

「…」

「何やってるの?そこで立ち尽くしてても何にもならないわよ?早く帰って200万円の資金繰り始めた方がいいんじゃないかしら?」

「は、はい…」

「じゃあね、また来月、楽しみにしておくわ❤️」

ガチャ…



「ふぅ、ほんとラッキーだったはバカで早い男で。あ、そうだ信オンの途中だったんだ!戻らなきゃ!!」


『ただいまー!!』

『おっ、おかえりー、遅かったねー』

『ごめんごめんm(._.)m』

『薬師さん戻ってきたらボス行こうって話しになったんで行きませんか?』

『えぇー、私の医術、「ヤブだ」から回復量少ないよー』

『大丈夫、大丈夫!』

『ほんと?じゃあ行くー!』

『あ、ごめん、俺、薬買うの忘れてた!買ってくる…あ、お金貸してもらってもいい?』

『えっ?貫?円?』

『貫に決まってるじゃなあですかぁw』

『あ、あぁそうよねwちょっと円の方が助かるかなぁと思って…w』

『おぉ!薬師さんお金持ち〜ww』





めでたし、めでたし。

RSの向こう側…season2 〜完〜


こんなドラマがよく耳にする

『離席しますねー!』

の向こう側で行われているやらいないやら…

by梅


にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村











関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

梟一門

Author:梟一門
梟一門ブログ「信キュンパラダイス」へ
ようこそ🎵
梟一門HPも見てね♪

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。